「休眠宗教法人」で所得隠し? ラブホテル経営で国税指摘

印刷

   長野県などのラブホテルの経営者が、宗教法人を隠れ蓑に14億円もの所得隠しをしていた疑惑が報じられている。この宗教法人は、香川県に本部があるが、ほとんど休眠状態とみられている。同様な「休眠宗教法人」は全国で5000弱もあるといい、今後その実態解明などが求められそうだ。

宗教法人側は、異議を申し立て

ヤフー知恵袋でも話題に
ヤフー知恵袋でも話題に

   所得隠しの舞台となっていたとされるラブホテルは、報道によると、長野など中部日本の5県に23軒ある。そこでは、休憩・宿泊料の4割がお布施として処理されていたという。しかし、あるホテルの従業員は、こう明かす。

「確かに、入り口に観音様の像は建っていますが、どのホテルにも、信者はいないと聞いています。私も、管理人として雇われているだけで、お客さまからは料金だけをもらっています。経営者の奥さんが、おつり分以外は集金しているので、お布施のことはよく分からないんですよ」

   つまり、このホテルでは、客が自ら「喜捨」していなかったということだ。お布施としてもらっていたのは、部屋の小皿に入れられたお金だけで、それも月に1000円弱だったという。これは別の封筒で渡していた。

   報道によると、ラブホテルを経営していたのは、なんと宗教法人だった。それも、中部日本でなく、四国の香川県内に本部がある。その宗教法人「宇宙真理学会」は、関東信越国税局の税務調査を受け、2008年2月期までの7年間で約14億円もの所得隠しをしていたというのだ。追徴税額は、重加算税を含めて約3億円とみられている。国税局では、ホテル料金の一部を非課税のお布施と偽っていたと認定したと報じられている。

   宇宙真理学会の中では、長野県千曲市内の食品会社会長がホテルを実質的に経営していた。会長は長期不在といい、報道によると、代わりに社長が、今回の指摘を不服として、異議を申し立てていると答えている。J-CASTニュースが取材したところ、社長は来客中などとのことだった。

休眠宗教法人は、全国で5000弱にも

   宗教法人「宇宙真理学会」のある香川県の総務学事課によると、法人設立は1983年。宗教施設や役員など、活動実態を確認して認証したという。その後、県内で本部を移転し、代表役員の住所が県内から長野県内に変わったと1994年に届け出があった。

   報道では、94年以前にすでに宗教法人が休眠状態にあったともされている。そして、食品会社が、同年ごろに宇宙真理学会を買収した可能性を指摘している。朝日新聞の2009年6月9日付記事によると、香川県の本部は、誰もおらず、活動実態はなかった。長野県などのホテルにも信者がいないというが、香川県の総務学事課では、休眠状態であるかについて、「実態がある部分もあるので、そうは認識していません」と言う。売買については、「宗教活動に関与はできないので、把握しかねます」としている。

   宗教法人は、全国で18万余ほどもある。文科省の宗教法人室によると、このうち休眠状態にある宗教法人は5000弱に上る。

   休眠宗教法人について、同室では、解散などの制度はあるものの、関係者の協力がないと難しいと言う。

「宗教法人法上、信教の自由と政教分離の原則を最大限に保障しなければなりません。行政は解散命令を裁判所に請求できますが、あくまでそれは最終手段です」

   法人売買については、「法の趣旨には反しますが、罰則規定はありません。そもそも売買を想定していないからです。そうなる前に、なるべく早く自主的に解散していくことが大事になります」と言う。

   ネット上では、オークションなどで宗教法人の売買とも思えるような書き込みが見られる。こうしたことから、税制上の優遇措置を受けている以上、それが悪用されないよう対策を求める声も同時に出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中