小向の巨乳を「フライデー」 劇場側裁判で「罰金」要求?

印刷

   「フライデー」が小向美奈子さんのストリップ写真を掲載したことについて、劇場側が「無断で撮った」と怒っている。「罰金」は300万円といい、法的手段を検討していると明かすほどだ。一方、フライデー側は、表現の自由を示唆しており、その取材手法を巡って主張が分かれている。

講談社、表現の自由をほのめかす

サイトにはまだ写真がないが
サイトにはまだ写真がないが

   ピンク色のライトが、妖しくステージを浮き上がらせる。そして、ひざまずいた姿で、白いレースのブラをゆっくりと外し…。

   「フライデー」の2009年6月12日発売号には、そんなシーンを撮った写真が2ページぶち抜きで載っていた。元グラビアアイドルの小向美奈子さん(24)が、東京・浅草ロック座で踊ったストリップ舞台だ。写真では、90センチのFカップという「スライム乳」がはっきりと写っている。

   「出る」「出ない」と騒ぎになり、5日の初日はファンやマスコミが殺到。それだけに、劇場側は、無断撮影に神経を尖らせ、連日、入り口では異例のボディーチェックを行っている。撮影の「罰金」額も、通常の6倍の300万円にまで設定したほどだ。報道によると、カメラ所持が発覚して、退場させられたファンもいたという。

   ところが、そんな監視網をどうくぐり抜けたのか、小向さんがフライデーされてしまった。写真誌では、スライム乳ばかりでなく、Tバックの後ろ姿など計3枚のステージ写真が掲載されている。

   もちろん、興行の世界だけに、裏で何かある可能性はある。しかし、ロック座では、取材に対し、フライデーのステージ写真について不満をぶつける。

「無断で撮ったもので、とんでもないですよ。法的な手段を考えており、弁護士と今相談しています」

   これに対し、講談社のフライデー編集長は、表現の自由をほのめかしながら、「記事にあることがすべてです。それ以外、特別にコメントすることはありません」とだけ言っている。

劇場の営業権との兼ね合いが問題

   メディアの問題などに詳しい紀藤正樹弁護士は、フライデーの写真掲載について、まず次のような点を指摘する。

「だれが撮ったのか特定できなければ、訴訟は難しいでしょう。編集部のカメラマンが撮ったのか、客が写真を持ち込んだのか、ということもあります。罰金は、写真を撮った人に課せられるというのですから」

   特定できないとしても、劇場が営業権侵害を訴えることはできる。とはいえ、紀藤弁護士は、表現の自由との兼ね合いをどう考えるかという問題が残ると言う。

「一般的に言いますと、国民の知る権利という点で、表現の自由が優先される可能性があります。売り上げが減少したとしても、それが掲載したことによるものか、人気が落ちたことによるものか、因果関係が証明できないと思います。講談社が勝つ可能性が高いでしょうね」

   もっとも、営業権や人格権を認めて、10~20万円の損害賠償を認められた判例もあるという。「劇場側が勝つ可能性がないとは言えません。しかし、同じくらいの慰謝料程度の額で、大きな金額にはならないと思います」

   結局のところは、ステージ写真掲載のニュースバリューによる部分が多いと紀藤弁護士は言う。

「コンサートの写真は、無断で撮っていいわけではありません。社会的にみて、記事の重要性が求められます。どうでもいいような写真なら、劇場側が勝つことになるでしょう。そのあたりは、裁判官の判断になりますね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中