「司祭は裁判員辞退を」カトリックが方針 他宗教は「追随せず」?

印刷

   スタートしたばかりの裁判員制度をめぐり、カトリック教会が「司祭は裁判員候補者に選ばれても辞退すべきだ」との方針を打ち出した。他にも、死刑に反対している仏教の宗派が、制度の見直しを求める決議をしているという例もある。一方、「個々の判断に任せる」としている宗派もあり、対応はさまざまだ。

「過料」を支払っても、不参加勧める

   2009年5月にスタートしたばかりの裁判員制度をめぐっては、国民の理解が得られていないというのが現状だ。例えば産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が5月17日に行った世論調査によると、裁判員に選ばれたとしても、裁判に「参加したくない」と答えた人の割合は45.8%に達している。これは、「参加したい」(16.2%)「義務なので参加する」(37.2%)を大きく上回る数字だ。

   また、宗教関係者からは、「人を殺すことになる死刑判決を出すことはできない」といった声もあがっていた。

   そんな中、日本カトリック司教協議会は2009年6月18日、裁判員制度に関する公式見解を発表した。その中で、一般信徒については「各自がそれぞれの良心にしたがって対応すべき」としながらも、司祭や修道者については、候補者として通知された際には、調査票・質問票に辞退の意向を書いて返送することを勧めた上で、それでも裁判員に選ばれてしまった場合は「過料を支払い、不参加とすることを勧める」としている。

   これは、カトリック教会法で「聖職者は、国家権力の行使への参与を伴う公職を受諾することは禁じられる」と政教分離の原則を定めていることによるものだ。

プロテスタントは静観の構え

   その他の宗教・宗派は、どのような対応なのだろうか。

   同じキリスト教でも、プロテスタントの日本基督教団では、

「公式には何も決めていませんし、特に決める予定もありません。各自の判断に任せています」

と、静観の構えだ。

   一方、仏教に目を向けてみると、死刑制度に反対の立場を取っている真宗大谷派では、6月9日、制度の見直しを求める決議を採択。決議では、

「もし私たち真宗門徒が、死刑事件に裁判員として関わったとき、自らは死刑の判断をしなくとも、死刑判決に関わってしまったという心の傷は、一生自らを苦しめることになります」

などと訴えている。

   また、国内にイスラム教信者をとりまとめるような組織は存在しないが、イスラム文化などについての理解を深める活動をしている「イスラーム文化センター」が開設している「イスラーム相談室」に聞いてみたところ、

「教え(の内容)や文化についての窓口なので、裁判員制度への対応については分からない」

との回答だった。

   こう見ていく限りでは、一般の信者に対して何らかの具体的な指示をしている宗教・宗派は未確認で、各信者は、それぞれに判断を迫られているのが実情だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中