新生銀行、あおぞら銀行 合併に向けて最終調整

印刷

   新生銀行あおぞら銀行が合併に向けて最終調整に入っていることが、2009年6月25日、明らかになった。近く合意し、発表する見通しだ。合併時期は2010年中。合併後の総資産(連結ベース)は18兆265億円(09年3月末の合算)となり、中央三井トラスト・ホールディングス(15兆864億円)を抜いて、邦銀第6位となる。

   09年3月期連結決算の最終損益は、新生銀行が1430億円の赤字、あおぞら銀行が2425億円の赤字だった。健全性を示す自己資本比率は新生が8.35%、あおぞらが11.60%(国内基準は4%)。

   両行はともに経営破たんした旧長期信用銀行が前身。主要株主でもある外資系ファンド主導のもとで、企業主体のビジネスから消費者金融などの個人向けビジネスに軸足を移したが収益源として育たなかった。

   リーマン・ショック後の金融危機の影響で、海外投資案件の損失が膨らむなど財務基盤が悪化、国からの公的資金の返済が滞るなど厳しい経営状況に置かれていたことから、水面下で経営統合を模索してきた。

   なお、新生銀行とあおぞら銀行はそれぞれ、「両行の将来のあり方について議論を行っていることは事実だが、現時点で開示すべき具体的な決定事実はない。今後開示すべき決定事実があれば速やかに開示する」とコメントしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中