メイクしたら負ける気がする男性芸能人は? 「女性のメイク」調査

印刷

   ドクターシーラボは2009年6月30日、「女性のメイク」に関する調査結果を発表した。

   女性に「メイクに何分かけますか?」と質問したところ、10分以内が17.1%、15分以内が16.1%という結果に。一方で、男性には「女性のメイク、平均的に何分かかると思いますか?」と投げかけたところ、30分以内が28.0%、31分以上が14.8%という結果となった。女性はどうやら、スピーディーにかつクオリティの高いメイク――というようだ。

   また、女性への「あなたがメイクで一番力を入れる場所はどこですか?」との問いでは、10代・20代では「目チカラ」「毛穴隠し」との答えが多かったが、30代からは徐々に「目チカラ」の割合は減り、「シミ・くすみ隠し」の割合が大きくなった。一方、男性には「女性の顔を見るとき、どのパーツを一番見ますか?」と聞いたところ、10代~50代のどの世代でも「目」と回答した人が7割を占める結果となった。

   さらに、「メイクをしたら美しさで負ける気がする男性芸能人」を聞いたところ、1位は杉浦太陽さん、2位に水嶋ヒロさん、3位は小池徹平さんという順に。「メイクをしなくても綺麗なので、負ける」「すでに美しいから」といった声が寄せられている。

   調査はインターネットで実施し、男性250人、女性250人を対象とした。年代は10代から50代まで年代ごとに20%となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中