日本興亜損保でお家騒動勃発 社長と前会長のドロドロバトル

印刷

   日本興亜損害保険が「お家騒動」で紛糾している。筆頭株主の米投資会社が2008年に続いて兵頭誠社長の再任に反対したのに続き、兵頭社長と対立する松沢健前社長が損害保険ジャパンとの統合反対を表明して2009年の株主総会に乗り込んだのだ。総会は大荒れの末、兵頭社長の再任を何とか可決したが、混乱が続くと、生き残りをかけた統合計画にも影響が出かねない情勢だ。

保険金支払いの先送り問題も浮上

   「統合で得をするのは損保ジャパン。日本興亜は大損する」。日本興亜の松沢健前社長が兵頭社長に送りつけた文書だ。文書は「損保ジャパンはサブプライム関連で大きな痛手を受けた」と指摘し、「日本興亜の資産が穴埋めに使われる」と主張した。

   松沢氏は保険金不払い問題が発覚した直後の2007年3月、兵頭氏に社長を譲って会長に就任した。08年6月には会長も退任したが、「もともとは側近だった兵頭氏が松沢氏を煙たがり、追い出しにかかった」(業界関係者)のが確執の背景、とのうがった見方もでている。

   一方、日本興亜の筆頭株主の米投資会社、サウスイースタン・アセット・マネジメントは09年の株主総会でも兵頭社長の再任に反対を表明した。サウス社は兵頭社長の手腕を評価しておらず、損保ジャパンとの統合にも賛否を明確にしていない。松沢前社長とは親密とされ、「松沢前社長はサウス社と反・兵頭陣営を築きたい思惑」ともささやかれる。

   そこに浮上してきたのが、日本興亜の保険金支払いの先送り問題。日本興亜の株主でもある元常務が「09年3月期決算かさ上げのため保険金支払いを先送りした」と指摘し、同社の監査役に兵頭社長らを訴えるよう求めた。事実なら経営を揺さぶる大問題で、監査役は「違法行為は認められない」と却下したが、元常務は納得せず、株主代表訴訟を準備している。元常務と松沢前社長は互いに無関係と強調するが、日本興亜幹部は「元常務も前社長と裏で組んでいる」とみる。

09年末に開かれる臨時株主総会が山場

   これに対し、兵頭社長は損保ジャパンとの統合は予定通り進める方針を示し、「保険金支払いを先送りした事実はない」と明言。日本損害保険協会会長としての会見では公式の場で松沢前社長を「あの人」と呼び、強い不快感をにじませた。松沢前社長は在任中、「ワンマン」として知られ、現在は母校の青山学院理事長を務めるが、08年は裏口入学に加担したとする怪文書も出回り、一部週刊誌をにぎわせた。もっとも本人は否定している。日本興亜幹部は「社を私物化するつもりか」と反発する。

   6月25日の株主総会は兵頭社長が前会長と激しい応酬を繰り広げ、最終的には再任の支持を取り付けたが、反対も3割程度に達した模様。09年末には統合を決議する臨時株主総会が控える。統合決議は3分の2以上の賛成が必要で、賛成が過半数で可決される社長再任よりハードルが高い。松沢前社長も年末の臨時株主総会に照準を当てており、保険金支払いの先送り問題で疑惑が深まると、兵頭社長も窮地に追い込まれ、統合計画自体が白紙に戻る可能性も否定しきれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中