タダで泊まれて109円返金 「会員制」商法が人気

印刷

   マイナス109円の宿泊プランが話題だ。マイナスというのもちょっと分かりにくいが、宿泊料をタダにする上に、109円返金するというのである。もちろん毎日この値段で営業しているわけではないが、旅館業界の苦しささがうかがえると指摘する専門家もいる。

最高4万8000円がマイナス109円に

   全国の宿泊施設を案内している宿泊予約サイト「トクー!トラベル」。その中にある「1泊109円あげちゃう! マイナストクー!市」では、1万円以上はかかる宿泊費をタダにして、その上109円を返すというプランがある。ちなみに、109円とは「トクー」にかけている。

   このプランに申し込めるのは、プレミアム会員(月額440円)のみ。このサービスを目当てに、会員登録者数は続々と増えているそうだ。現在90万人の会員がいる。

   該当のページにはたとえば、愛知県・笹戸温泉「紫翠閣 とうふや」の2食つき2万4000円のプラン、岐阜県・新平湯温「泉奥飛騨温泉郷 和風旅館 岐山」の素泊まり2万4000円のプラン、神奈川県・箱根芦ノ湖「箱根宿 夕霧荘」の素泊まり1万4700円のプランがいずれもマイナス109円となる。これまでには最高4万8000円のプランがマイナス109円になったこともあるという。

   このサービスを開始したのは2009年3月。サイトを運営する「クーコム」の代表・西村恵治さんによれば、こうした手法を取り入れたのは「景気が悪化し、旅館の客足が遠のいているところに、料金の値下げ以上の取り組みを企画した」と説明する。なお、同社では6年前から1泊109円のプランも提供していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中