中田宏横浜市長が辞任

印刷

   中田宏横浜市長が任期を7ヵ月残した2009年7月28日に辞任を表明した。地方自治法の規定で20日後の09年8月17日付で辞任になる。ただし、国政への「転身」もしきりに取りざたされていたが、09年8月30日に投開票される衆院選の出馬は見送るという。

   この時期に辞任する理由として、横浜開港150周年関連事業が一段落したことや、衆院選と同日に市長選挙を行うことで大幅な経費節減ができること、新市長が新年度の予算や機構改革、人事異動に着手できる事が望ましい、などを挙げた。

   辞任後は当面、橋下大阪府知事や東国原宮崎県知事らとの「首長連合」を中心に政治活動を続ける方針だが、噂される新党結成や国政転身については、7月28日に行われた辞任記者会見では否定しなかった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中