三井住友FGと大和証券が合弁解消へ

印刷

   三井住友フィナンシャルグループ(FG)と大和証券グループ本社が、共同で設立した法人向け証券会社「大和証券SMBC」の合弁を解消する方向で協議していることが2009年9月4日、明らかになった。三井住友FGが保有する「大和証券SMBC」の株式を大和証券が買い取って完全子会社化する。

   09年5月に三井住友FGが米シティグループから日興グループを買収。銀行と証券の融合を目指す三井住友FGと、独立した証券会社の立場を貫く大和証券との経営戦略の違いが「大きな溝」となっていた。「現在、協議中」(三井住友FG)だが、妥協点が見出せないでいる。

   大和証券SMBCは当時の住友銀行が40%、大和証券が60%を出資。1999年4月に営業を開始した。株式や社債の引き受けや、企業のM&A仲介などの法人周りを手がけてきた。

   大和証券は同日、「開示すべき決定事項があれば、決定次第速やかに発表します」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中