ネット通販の書籍購入 「送料無料」でPR合戦

印刷

   書籍のネット通販で、配送料を無料にするケースが相次いでいる。ふつうは1500円以上の買い物で「送料無料」となる場合が多いが、アマゾンと楽天はキャンペーン中、それ未満の買い物でも無料となる。イーブックオフも条件付きで、1500円以下の購入でも無料とする仕組みを続けている。

指定金額を気にせず、買いやすくなった

   アマゾンは2009年9月11日、「本全品配送料無料」キャンペーンを開始した。11月4日まで実施する。これまでは書籍の購入額が1500円未満の場合、配送料300円がかかっていたのを改めた。このキャンペーンでは本、漫画、洋書を対象とし、国内発送分に限る。注文内容に書籍が1冊以上含まれていれば、それ以外の商品の送料も無料になるという。

   個人のブログでは「うわすげ。(略)これで文庫1冊でもすぐ買える。なんでこんなことができるんだ」、「文庫本1冊とかでも送料無料ってのはなかなかありがたい人も多いのでは」などと好評だ。送料がネックで、送料無料となる1500円にあわせるため、余分な買い物や必要な本があるまでは買い控えている、という利用者も多かったようだ。

   楽天ブックスでは2009年2月からすでに、送料無料キャンペーンを実施している。本来は1か月の期間限定だったのが、好評のため11月4日まで延長したという。楽天ブックスでは本だけに限らず、雑誌、CD、DVDなど取扱商品すべてが対象となる。

   楽天広報は、「キャンペーン実施期間中は新規会員が増え、リピート率もよかった」と話している。また、「指定金額を気にすることなく買い物ができるため、心理的なハードルが低くなったのでは」と分析する。

   なお、楽天ブックスではページ内に、1週間に1度更新される著者インタビューや、月ごとに更新される雑誌編集長インタビューが記載されるなど、ページの見せ方を工夫している。広報では「本屋さんで本を選ぶのはふらふらと見て回れるのが楽しいから。ページ内でもそれに近い感じで、お買い物のヒントになれば」とアピールしている。

送料300円で購入をためらってしまう

   一方、オンライン中古書店イーブックオフでは2009年10月1日まで、「ちょうど3点で送料無料キャンペーン」を実施している。商品3点を買い上げれば、送料が無料になる企画で、対象は「単行本」以外の商品だ。イーブックオフは通常、購入金額1500円以上で送料無料。それ未満の場合は送料300円がかかる。

   イーブックオフでは、中古の書籍やCD・DVD、ゲームなどを扱っている。文庫本やコミックスは1冊200~300円程度だ。そこに送料300円、すなわち中古本1冊分の値段が加算されると、消費者心理としては購入をためらってしまう。そこで、この企画が2年前からはじまる。好評なので、キャンペーンはずっと延長が続いている。サイトを運営するネットオフの広報は、こう話す。

「ユーザー情報を見ていきましたら、3品程度、購入する人が多かったんです。そんなこともあって、無料キャンペーンに結びつきました」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中