「ブラックジャック」佐藤秀峰さん 自身のサイトで漫画有料配信

印刷

   「ブラックジャックによろしく」「海猿」などの大ヒット作で知られる漫画家の佐藤秀峰さんが、自身のサイトで、過去に書いた漫画の有料配信を開始した。2009年9月14日にはまだ単行本化されていない「新ブラックジャックによろしく」第7集もスタートした。1日あたりの収入は10万円程だというが、ビジネスとして成立するのだろうか。

単行本1000万部売れても月収は70万円

   佐藤さんが自身のサイトで漫画の配信を始めたのは09年9月7日から。現在配信しているのは、単行本の発行部数が1,000万部を超えている「ブラックジャックによろしく(ブラよろ)」や「特攻の島」「ハードタックル」など6作品。旧作は1話につき10円、新作は30円で1年間購読が可能になる。購読する場合は、最低315円の300ポイントを購入することが必要になる。閲覧できるのは1年間だが、漫画のコピーを取ったり、そのコピーを友達同士で貸し借りしたりするのは自由だとしている。

   佐藤さんが有料配信を始めた理由は2つある。一つは「紙の漫画はもうダメになりかかっている」ということ。出版不況は漫画にも影響していて単行本が売れなくなっている。仮に出版社が無くなってしまった場合、漫画家はどこに発表すればいいのか。その現実性をネットに探るという実験だ。もう一つはビジネス。漫画家の収入が低すぎるとかねてから佐藤さんは主張していた。

   佐藤さんは09年3月から出版社に原稿料と印税の見直しを求めた「漫画貧乏」と題したブログを書いている。連載を持っても原稿料だけでは生活できず、単行本が売れなかった場合は借金だけが残る。佐藤さんも「海猿」の連載中は月に収入が80万円あったが、家賃やアシスタントの給与がかさみ、月に20万円赤字だった。「ブラよろ」は単行本が1000万部以上売れたものの、税金で印税の半分近くがなくなり月収は70万円ほど。

「仮に(今後)単行本が出なかったり、出たとしても全く売れなかったりしたら、5年で(佐藤さんの漫画製作所は)潰れるでしょう」

などと書いている。出版社が原稿料と印税を見直さないなら、独自で出版の道を探ろう、としているのだ。

「絶対に成功しない」と出版界で囁かれたが

   さて、有料配信はうまくいっているのか。佐藤さんは09年9月8日付けのブログで、配信初日は約10万円の収入があった、と明かしている。日に10万円の稼ぎは「全く利益が出ないという状況は回避できそう」な数字だそうだ。ただし、「初日でしたので、ご祝儀という意味もあるかもしれません」とも記している。09年9月14日からは、09年10月末に単行本化される「新ブラよろ」第7集分の配信を開始した。佐藤さんは09年9月15日のブログに、

「まだ単行本化されていない作品を配信するのはドキドキします」

と胸の内を明かしている。

   佐藤さんの配信ビジネスは、開始前から「絶対に成功しない」と出版業界で囁かれていた。配信と購読料徴収のコストが大きいことや、「漫画は紙で読む習慣がある」という見方からだ。さらに、ネットで満足してしまうと、肝心の単行本が売れなくなる、というのだ。

   佐藤さんが「新ブラよろ」を連載している小学館「ビッグコミックスピリッツ」の立川義剛編集長はJ-CASTニュースの取材に対し、10月に発売される「新ブラよろ」の売れ行きに多少の影響があるかもしれないが、一方で、佐藤さんが漫画を配信しているサイトで「新ブラよろ」の連載や、単行本の告知がされているため「相乗効果」につながる可能性もあり、

「今のところ、どう推移していくかはわかりかねます」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中