不況でも稼働率90%以上! 絶好調ホテルの秘密

印刷

   不況の余波で「ホテル離れ」は深刻だ。都内有名ホテルの稼働率は40~60%台と低迷中だ。それでも、稼働率が90%台と健闘しているホテルもある。好調の理由はネットを積極的に活用していることだ。当然、単価は多少落ちるが、お客は確保できるようだ。

ホテル日航東京、京王プラザはネット活用

   ホテル日航東京は2009年7月の稼働率が83.2%(前年同月比16.18ポイント増)、8月は93.9%(同比6ポイント増)と健闘している。好調の理由の1つはネット経由の予約が増えていること。いまでは予約全体の4割がネットだ。自社サイトのほかに、「一休.com」や「yoyaQ.com」といったホテルや旅館の宿泊予約サイトでも販売している。

「自社サイトは告知力が弱いというのが難点でしたが、人気サイトは認知度が高いので広告的な意味合いでも載せています」

というのはホテル日航東京マーケティング部の担当者。

   また、宿泊予約サイトでは、通常価格より安いプランも販売している。オフシーズンや団体客のキャンセルが入ったりした場合に売り出され、ホテルによっては5~7割安くなる。

   ホテル日航東京は、

「これまでのような強気の姿勢では難しくなり、1室あたりの単価は平均4000円下がっています。ただし、単に安くするのではなく、チェックインの時間を遅くするとか、予約期間を24時間に限定するなどの条件をつけることで価格の整合性を図っています」

と説明する。

   京王プラザホテルも7月の稼働率が前年同月比6.4ポイント増の95%、8月95%(同比9.4ポイント増)と好調だ。不況やインフルエンザの影響で業界全体が落ち込んでいるなか、同社は販路を拡大するなどして幅広い客層を呼び込んでいる。

   また京王プラザも「一休.com」で割引プランを販売し、同サイト内のホテルランキングで上位に入る人気ぶりだ。25階以上のリニューアルルームに宿泊でき、館内レストランで使える1万円分のホテル券がついて、1泊1人で1万9000円というお得なプランなどある(販売期間9月13~18日)。

   全国にビジネスホテルを展開するアパホテルの稼働率は7月が67.9%(前年同月比6.4ポイント減)、8月は72%(同比6.5ポイント減)だった。広報担当者は、

「いい数字ではないが、ネット予約が伸びているので同業他社に比べたら稼働率はいいほうです」

といっている。

   予約全体に占めるネット予約の割合は7月が64.5%(前年同月比8.8ポイント増)、8月が60.4%(同比7.9ポイント増)。同社のサイトのほか、「楽天トラベル」や「じゃらんネット」などでも予約できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中