AKB大島優子、ダンサーと熱愛? 「友達」と釈明に疑問が…

印刷

   女性アイドルグループ「AKB48」では、トップクラスの人気がある大島優子さん(21)。そのブログ写真がきっかけで、男性ダンサーと同じ日に同じ場所でボルダリングをしていたことが分かった。「デート疑惑」が出ているが、果たして?

   文庫本「坊っちゃん」の表紙で憂い目のマドンナを演じるなど、大島優子さんは最近、露出も多い。そして、今度は、ブログのエントリーがきっかけで、思わぬプライベートが脚光を浴びてしまった。

ボルダリングのブログ写真で「発覚」

大島優子さんのブログエントリー
大島優子さんのブログエントリー

   きっかけは、2009年10月15日に、ボルダリングに初挑戦したことを紹介したエントリーだった。これは、いま若い女性にブームになっている、いわばロッククライミングの室内版。ブログでは、「ずーっと行きたかった」と明かし、写真付きで「楽しぃ~」「ハマりそう」などとその感想を書き込んでいる。

   ところが、それが思わぬ結果を招いた。目ざといファンがいたらしい。同じ日に、ある男性ダンサーが自らのブログで同じとみられる場所でのボルダリング体験記を書いていることが発覚。これが、2ちゃんねるの地下アイドル板などに晒され、騒ぎになった。

   このダンサーは、男性5人組ダンスチーム「Rockwilder」のACHIさん(27)。チームの公式サイトによると、4年ほど前に結成され、SMAPやSPEEDのバックダンサーなどとして活躍している。ACHIさんは、ブログで「ちょうど話が合う知り合いがいたので、いきなり誘って行ってみました♪」と明かしており、この知り合いが優子さんではないかというのだ。

   優子さんの「デート疑惑」について、芸能情報サイト「エンタメ裏Max」では、16日のエントリーで、2ちゃんねるに書き込まれた指摘をまとめている。

   それによると、ACHIさんのブログ写真には、優子さんに見えるような女性が写っていた。確かに、右奥に、白いTシャツにジーンズの女性が小さく写っており、これが優子さんのブログ写真の服装と一致する。

「私もビックリしました。お騒がせしました」

   そして、2009年10月15日は大島優子さんがオフの日で、ACHIさんがブログで優子さんも好きなドラクエにはまっていたことを明かしたことから、ますます「デート疑惑」が深まった。また、中には、優子さんの別の同日付エントリー「オフふふふ~」に載った部屋の置物写真に、一人暮らしのはずなのに男性に見えるような頭の影が写っているとの指摘もある。

   優子さんは、ブログでは、「疑惑」について触れていない。しかし、日本テレビのニュースサイトで17日、写真集の発売記念イベントが行われたと報じられた中に、デート疑惑について、優子さんのコメントが紹介された。

   それによると、優子さんは、「私もビックリしました。お騒がせしました」と謝罪したうえで、「あれは友達と何人かで行ったんです」と釈明した。AKBでは、優子さんと同じチームKに、Rockwilderが好きという梅田彩佳さん(20)がおり、その紹介でダンサーらと行ったのかもしれない。とはいえ、ACHIさんとの交際については触れておらず、ネット上では現在も疑問がくすぶっている。

   優子さんの所属事務所の太田プロダクションに取材したが、担当者は外出中だった。AKB48のメンバーには、彼氏とのプリクラ写真流出などで解雇になった例が過去にいくつかある。そこで、もし今回がデートと分かったときのことを秋葉原AKB48劇場に聞くと、インフォメーション係は「明確にルールづけはしておらず、場合によると思います。仮定の質問については、お答えできません」と言う。一方、Rockwilderにダンスイベントなどに出てもらっているというジールワールドワイドでは、2人の関係について、「聞いたこともありませんし、ちょっと分からないですね」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中