関空の国内線旅客数が過去最低に 09年上半期

印刷

   関西国際空港会社は2009年10月28日、09年度上半期(4~9月)の運営概況を発表した。国内線の旅客数は前年同期比26.5%減の215万7741人で、上半期としては1994年の開港以来、最低を記録した。国際線の旅客数も、同13.9%減の453万9957人と大幅に落ち込んだ。新型インフルエンザの影響で、ビジネス・観光ともに需要が大きく落ち込んだのが響いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中