九州電力、国内初のプルサーマル原子力発電を開始

印刷

   九州電力は、国内で初めて使用済み核燃料を再利用するプルサーマル原子力発電所(佐賀県玄海町、出力118万キロ・ワット)の原子炉を2009年11月5日午前11時に起動、試運転を開始した。9日から発電を行い経済産業省原子力安全・保安院が原子炉の状況を調査し検査に合格すれば12月2日に通常運転に入る。プルサーマル発電は核燃料サイクル政策の根幹で、当初予定より10年以上遅れてのスタートになる。今後、中部電力浜岡原発、四国電力伊方原発、北海道電力泊原発、東北電力女川原発などで実施される計画になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中