金上昇 NYは一時1098.5ドル

印刷

   金価格が上昇している。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月ものは、2009年11月4日に一時1098.5ドルまで上昇し、最高値を更新した。通常取引で金先物相場は3日連続で伸び、前日比2.4ドル高の1トロイオンス1087.3ドルで終えた。

   米連邦公開市場委員会(FOMC)がゼロ金利政策の据え置きを決定したことで、対ユーロでドルの売り圧力が強まった。これを受けて、ドルの代替資産とされる金に「買い」が相次いだ。またドル安に加えて、国際通貨基金(IMF)が発展途上国の支援資金の確保ため、保有する金の一部をインド準備銀行に売却することを発表。それにより、各国の中央銀行が金資産を増やすとの思惑が広がった。

   ちなみに、日本の準備資産における金の保有比率は2.3%(765トン)で、インド(4.0%、今回の購入で6.0%前後になる)よりも低い。

   なお、国内の金市場も上昇基調が続いており、田中貴金属工業によると、11月5日の小売価格は1グラムあたり、前日比41円高い3362円だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中