亀井氏「役人は優秀ですよ」 官僚への姿勢も「閣内不一致」

印刷
「役人は優秀だ」と述べる亀井静香郵政・金融担当相。自身も元警察官僚だ。
「役人は優秀だ」と述べる亀井静香郵政・金融担当相。自身も元警察官僚だ。

   亀井静香郵政・金融担当相は2009年11月6日の会見で、「やっぱり役人は優秀ですよ」と述べ、「役人の能力を政治家が生かしていくのが政治主導」という持論を展開した。鳩山内閣では、菅直人国家戦略担当相が10月31日に「霞が関は大バカだ」と講演で発言して物議を醸したが、普天間問題と同じく官僚に対するスタンスでも「閣内不一致」があらわになった。

   亀井担当相は大臣就任以来、さまざまな問題発言で周囲を振り回しながら、中小企業円滑化法案の国会提出や日本郵政の役員刷新などで存在感を発揮してきた。「新政権発足からここまでを振り返ってどう思うか」と会見で問われると、亀井担当相は大塚耕平副大臣や田村謙治政務官の働きぶりをほめつつ、「事務方も無理したのではないかと思う」と金融庁官僚の労をねぎらった。

   そして、「役人を敵視してばかりではダメなんだ」と、民主党が公約にしていた「脱官僚路線」を暗に批判した。

「政治主導といったって、政治家がいばっていればいいというもんじゃない。やっぱり役人って優秀ですよ。そういう優秀なマシンを、政治家の言うことにしたがってどう働いてもらうかということが政治主導なんだ」

鳩山首相にも「役人をうまく生かせ」と直言

   亀井担当相は、鳩山由起夫首相にも「役人の能力を政治家がボンボン生かしていくのが政治主導」という持論を伝えているという。しかし、民主党は選挙前のマニフェスト(政権公約)で「脱官僚」を前面にかかげていた。

   つい最近も10月31日に、菅国家戦略担当相が中央省庁の官僚について

「知恵、頭を使ってない。霞が関なんて成績が良かっただけで大バカだ」

と発言している。政権についてからの実際の運用では、日本郵政社長や人事院人事官に官僚OBを起用して「公約違反」と批判されているが、菅国家戦略担当相の発言は、そのような「軌道修正」を快く思わない議員が閣内にもいることを示したといえる。

   亀井担当相の官僚擁護論は、それと真っ向から対立するもの。普天間基地の移設をめぐっては各閣僚がさまざまな主張を公言する「閣内不一致」の状態を呈しているが、官僚に対する姿勢でも政権内部には亀裂が生じているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中