酒井被告「執行猶予判決」 ネットで注目は産経「似顔絵」

印刷

   清純派アイドルが薬物犯罪に手を染めていたとして世間の耳目を集めた「のりピー劇場」に一応の決着がついた。酒井法子被告(38)に下された判決は懲役1年6か月、執行猶予3年。「軽すぎる」という声もあるが、初犯という点を考慮すれば執行猶予が付くのは相場通りといえる。テレビは競って判決の模様を熱く伝えたが、予想通りの判決に驚きは少なく、ネットでは判決内容よりも似顔絵に注目が集まったりしている。

   覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた酒井被告に対する判決公判は2009年11月9日午前、東京・霞が関の東京地裁で開かれた。開廷直後に村山浩昭裁判官が主文を読み上げてまもなく、一刻も早く知らせようというテレビ局の記者たちがカメラの前で判決内容を興奮気味に伝えた。

「もう少し裁判所に踏み込んだ形の科刑を考えてほしかった」

産経新聞が掲載した酒井法子被告の似顔絵には独特の味わいがある
産経新聞が掲載した酒井法子被告の似顔絵には独特の味わいがある

   国会中継のNHKと旅番組のテレビ東京をのぞき、首都圏の民放各局は「判決特番」の様相となり、酒井被告の表情など刻々と変わる法廷の様子をリアルタイムで報道。スタジオではコメンテイターがさまざまな意見を述べた。

   酒井被告の社会的影響力の大きさや逃走劇を繰り広げたことを重くみて、厳罰に処すべきという声も世論には存在する。テレビ朝日の情報番組「ワイド!スクランブル」では、大澤孝征弁護士が「従来の相場からすると予想されたこと」としながらも、

「僕としては、もう少し裁判所に踏み込んだ形の科刑を考えてほしかったと思います」

と実刑にすべきだったのではないかという意見を示した。作詞家のなかにし礼さんも

「一般的な方々の量刑と、こうやって名があって社会的影響力のある人が全然区別されないのは不思議なんですけど……」

と腑に落ちない様子だった。

   ネットでも、ミニブログサービスの「ツイッター(Twitter)」などに判決に対する感想が書き込まれたが、賛否はさまざまだ。

「執行猶予付きかぁ。ちょっと、甘い気がするな」
「大方の予想通りだけどぬるい判決だなあ」

といった不満を述べるコメントもあったが、

「初犯は執行猶予つくわな」
「まぁ妥当な判決だね」

と冷静に判決を受け止める声も多かった。

似顔絵「開いた瞬間にお茶噴いた」

   なかには、酒井被告関連の報道一色に塗りつぶされたテレビ局の姿勢を批判する声もあった。

「テレビじゃ大罪を犯した人間を扱うような報道の仕方してる…普通に報道できんのか?」
「まだのりピーの事件に興味があるひとっていたのか…ていうかテレビのなかにしかいないんじゃないか?」

   むしろネットで注目されたのは、判決内容そのものよりも、関連する別のネタだ。産経新聞が判決直後にサイトに掲載した酒井被告の似顔絵が「まったく似ていない」と話題になったのだ。イラストが掲載されたページには多数のはてなブックマークがつき、次のようなコメントが寄せられている。

「のりピーの法廷画凄い」
「開いた瞬間にお茶噴いた」
「もう少し上手いヤツを雇えよw」

   この似顔絵を描いた産経新聞の女性記者は、初公判のときも酒井被告の似顔絵をてがけていて、その「似ていなさ」が2ちゃんねるなどで話題になっていた。記者自身もブログで「た、た、確かに似ていません…」と認めている。だが、プロのイラストレーターにはない独特のタッチに「才能を感じる」と評価する声も一部にはあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中