読書をビジネスに役立てよう! 若い人集まる「読書会」が人気

印刷

   SNSを通じて見知らぬ人同士が集う「読書会」が人気を集めている。とりわけ若いビジネスマンが、仕事に役立てようと意欲的に参加している。主催者の一人は、「会社内だけで学べることだけでは不安だと感じているのかも」と指摘する。

   「アウトプット勉強会」は2006年、もともとは名古屋で、友人4人と始まった。主催者の山本多津也さん(44)が、本を読むのが苦手という友人から相談を受けたのがきっかけだ。小規模な読書会だったのが3か月後、クチコミで30~40人に拡大。2007年には連絡用にと、SNS「mixi」でコミュニティを立ち上げると、2年後には1000人が集まった。今では2700人以上が登録している。

10月の課題本はD・カーネギー「人を動かす」

   読書会は現在、東京と愛知で月一回ペースで、会議室などを利用して行われている。参加したい場合はmixiを通じて連絡をとる必要があり、指定された一冊の書籍(ビジネス書が中心)を読んでくることが課せられる。たとえば、東京・10月の課題本は、アメリカの実業家、D・カーネギー「人を動かす」だ。18時からはじまった会には91人が参加。10人程度の小グループにわかれ、課題図書についての発言を重ねていく。

   山本さんはアウトプットの重要性を指摘する。一人の読書ではふつうインプットばかりが多く、アウトプットが少ない。そのせいもあって、本の内容は半年もすれば忘れてしまう。ただ、「人に説明することで自分の理解も深まっていく。わかったつもりだったことが、明確になる」とその意義を語る。参加者には、ビジネススキルを高めたいという意欲的な人が多い。

   相手の意見を否定するのはルール違反だが、反論によって議論が白熱することはよくある。参加者は20代~30代が多いと言い、山本さんは「読書会」の魅力を、「コミュニティの面白さでしょう」と話す。

   「若い人のコミュニケーション能力が低いと一般的には言われています。この状況を私は、趣味が細分化したこともあって、共通の何かを話せないから、探り合いが続いているように思います。ところが、読書会は課題の本が決まっていて、話しやすい雰囲気です。会を通じて、仲良くなっていくというのも面白いのでしょう」

「会社内だけで学べることだけでは不安」

   webコンサルタントの八須祥史さん(27)も、月一回の読書会を主催している。ビジネス向けの読書会「東京ビジネス読書会」は2008年8月、立ち上がった。mixiを通じて参加者を募っており、毎回20人程度が集まる。

   課題図書を読んで参加するのが基本ルールだ。ビジネス書がテキストになることが多く、11月は『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』、10月は『ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行』だった。八須さんは「読み込んだ書籍をビジネスに生かしていくことが目的。読書会では、(学んだことを)生かすにはどうしたらよいかを討論しています」

   参加者は20~30代が多い。その理由を「勉強したいという意欲的な人が多いようだ」と指摘する。「会社以外でもいろんな知識を吸収したい、いろんな人に会ってみたい、刺激を受けたいと意気込んでいます。会社内だけで学べることだけでは不安だと感じているのかもしれません」と分析している。

   ちなみに、本の読み方・選び方にコツはあるか――。出版点数が多い中から、いいものを選び出すことが難しくなっていると八須さんは感じている。「私は、人が勧めているものを読むようにしています。尊敬する人、著者だったら、なおいいと思います」。一方の山本さんは「本のすべてを自分の中に落とし込むというのではなく、一行でもいいから、明日の行動に役立つ何かを見つけてみては。自分なりの気づきがあればそれでOKです」とアドバイスしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中