ホリエモンと郷原弁護士 特派員協会で検察批判

印刷
検察批判を繰り広げる郷原信郎氏、堀江貴文氏、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏(左から)
検察批判を繰り広げる郷原信郎氏、堀江貴文氏、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏(左から)

   2009年12月14日、東京・有楽町の外国特派員協会で元ライブドア社長の堀江貴文氏、元検察官の郷原信郎弁護士と「日本/権力構造の謎」などの著作で知られるジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏が記者会見を開き、検察批判を繰り広げた。

   冒頭、ウォルフレン氏は、民主党の小沢一郎幹事長の公設秘書が逮捕・起訴されたことに関して

「高速道路で、みんなが同様にスピード違反しているときに、ある人だけ逮捕されるようなもの。非常に恣意的な訴追がされている」

と、起訴の基準があいまいになっていることを批判。その上で、隣席の堀江氏を念頭に、

「こういうことが続くと、社会変化をもたらす人が攻撃の対象になる。これは日本にとって大きな問題だ」

と訴えた。堀江氏も

「非常に微妙な事案で、私だけが逮捕・勾留されている」

と、自分が「狙い撃ち」にされたとの見方を示した。

   郷原氏も同様に、検察官が起訴する権利をほぼ独占している現状を批判。

「(ライブドア事件のような)社会、経済に大きな影響を与えるものは、民主的なコントロールが必要だ」

などと話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中