ウェンディーズに「駆け込み客」殺到 人気メニュー売り切れ相次ぐ

印刷

   年内で日本から撤退するハンバーガーチェーン、ウェンディーズに「駆け込み客」が殺到し、各地で人気メニューが売り切れる異常事態が発生している。主力の「ウェンディーズバーガー」が売り切れる店舗もあり、ウェンディーズを経営するゼンショーも「想像以上の反響。大変ご迷惑おかけしております」と頭を下げている。

   米ウェンディーズ社と日本でのフランチャイズ契約を結んでいたゼンショーが2009年12月末で切れる契約を更新しないと決定、12月11日に、全国に展開する全71店舗を年内で閉店すると発表した。

「売り切れててがっかりなう」

12月21日から急遽発売する「スーパーメガウェンディーズ」。
12月21日から急遽発売する「スーパーメガウェンディーズ」。

   ウェンディーズは1980年に日本上陸。近年はマクドナルドなど、より低価格帯のファストフード店に押されていたが、日本撤退を報じたニュース記事に撤退を惜しむ大量のはてなブックマークが付くなど、根強いファンも多い。

   そのため、12日から13日にかけて、撤退前にもう一度食べておこうという「駆け込み客」が店舗に殺到、人気メニューが売り切れた。

   神奈川県川崎市の新百合ヶ丘店では、12日夕方の段階で主力の「ウェンディーズバーガー」といった牛肉パティを使ったメニューが全て売り切れていた。店員は「今日の分はもう終わりです」といい、ハンバーガーはチキンサンドやフィッシュサンドなどしか残っていなかった。同様の事態は他の店舗でも起きていたようで、ツイッター上には、

「今日は大人気みたいでハンバーガー類全部売り切れだってー!!」
「ウェンディーズ追悼しにきたのに飲み物以外全部売り切れって………!」

といった書き込みが少なくとも100件以上寄せられている。都内の主要店舗のほか埼玉、福岡など全国の店舗で売り切れが相次いだようだ。また、特に人気のあったサイドメニューが「チリビーンズ」という豆料理。こちらも「チリが売り切れててがっかりなう」という書き込みが見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中