「初音ミク」イラストを金星探査機に ネットで署名活動

印刷
ウェブサイトで署名を呼びかけている
ウェブサイトで署名を呼びかけている

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2010年に打ち上げ予定の金星探査機「あかつき」に搭載されるアルミパネルに、バーチャル・シンガー「初音ミク」と初音ミクのデフォルメキャラ「はちゅねミク」のイラストを焼き付けようというプロジェクトが立ち上がり、ネット上で署名活動が行われている。

   同プロジェクトは、ロケット開発などを行う技術者の森岡澄夫さんが主催。宇宙航空研究開発機構企画の、搭載パネルに焼き付けるメッセージやイラストを募集するキャンペーンに団体で参加しようというもの。個人でも文字だけなら応募できるが、団体(1万人以上)だと、イラストも応募でき、搭載パネル100枚のうち1枚を独占できるという。

   署名募集は、「ニコニコ技術部」のウェブサイト上で行われている。当初、パネルの独占は予定しておらず、イラストが応募可能な100人分を09年12月20日締め切りで募集していたが、現在はパネル独占を目標に1万人の署名を募っており、締め切りも延長の方向で調整しているという。主催者側によると、署名は、12月16日12時30分時点で3939人に達したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中