「カズ代表外し、後悔ない?」 岡田監督質問に苦笑

印刷

   サッカー日本代表の岡田武史監督は2009年12月17日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。メンバー選考に関する質問が相次ぎ、09年10月の「キリンチャレンジカップ」後にインタビュー拒否をするきっかけになった「ミウラ(カズ)」という、名詞も登場。監督は苦笑いしながらも、「チームが勝つために23人を選ぶ」との、原則論を崩さなかった。

   2010年ワールドカップの日本代表の目標「ベスト4入り」の実現を疑問視する声が相次いでいることについて、冒頭、岡田監督は、日本人の持久力や瞬発力は外国勢に劣っていないなどと主張し、

「元々日本人は武士道に代表されるような闘争本能を持っている。今の社会のせいで、そのスイッチが入っていない。個々のレベルアップに加えて、日本人が得意な組織の力をあわせてベスト4入りを目指したい」

と意気込みを語った。

「俊輔と本田との対比では考えていない」

東京・有楽町の外国特派員協会で会見する岡田監督
東京・有楽町の外国特派員協会で会見する岡田監督

   質疑応答では、チーム編成についての質問が相次いだ。本田圭佑選手と中村俊輔選手の処遇については、

「(中村)俊輔と本田との対比では考えていない。まだ(代表メンバー)23人の中に入れるかは決めていない」

と態度を保留。09年のJリーグで最優秀選手賞(MVP)を受賞した小笠原満男選手が代表メンバーに選ばれたことがないことを指摘する質問にも、

「小笠原って、(鹿島)アントラーズの選手ですよね?能力があるし、頭の中に名前があがっている選手のひとり」

と話すにとどまった。

   さらに、

「(岡田監督が以前代表監督を務めた)1998年のフランスW杯の時に得た教訓や、後悔したことはあるか。三浦知良選手(当時)を代表から外したことを含めて、どうか」

という質問も飛びだした。

   岡田監督が行う代表メンバー選考をめぐっては、09年10月初旬にTBS系のサッカー番組で、司会者が「三浦知良、なんで外したんでしょうか」という質問をぶつけたことに岡田監督は激怒。10月中旬にTBSが中継を担当した「キリンチャレンジカップ」でインタビューを拒否するという事態に発展したという経緯がある。

   だが、今回の質問については、岡田監督は苦笑いしながらも

「『フットボールそのもの』については、『W杯だから特別』ということは余りない。メンバー選考についても前回と変わらない。チームが勝つためのメンバーを選ぶ。『能力が高い順に23人を選ぶ』ということではない」

と、これまでの原則を繰り返し、三浦選手を外した理由について明示的に答えることはしなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中