社長の半分が「二番底」警戒 日経アンケート

印刷

   日本経済新聞社が2009年12月に行った「社長100人アンケート」で、全体の47.2%が「二番底」を警戒していることが明らかになった。同紙12月21日付朝刊によると、前回9月に行われた調査よりも約10ポイント増加している。理由としては、「円高の進行」「景気刺激策の効果一巡」をあげる声が多かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中