外国人の株式売買シェア、09年は10ポイント下落 3年ぶり60%割れ

印刷

   東京証券取引所の投資部門別株式売買状況によると、2009年の外国人投資家の売買シェアが3年ぶりに60%を割り込むことが確実になった。半面、個人投資家の売買シェアは30%弱にまで上昇し、投資意欲が回復しつつある。

   外国人投資家の売買シェアは、ピーク時の08年に63.3%を占めていた。東証の調べでは09年12月11日の段階で53.1%と、10.2ポイントも減少した。売買代金も254兆円とほぼ半減した。リーマン・ショックから1年がすぎて金融危機がだいぶ落ち着いてきたが、鳩山政権発足以降の「デフレ宣言」など景気低迷の深刻化による不安が、外国人投資家を日本のマーケットから遠のかせている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中