新興国株式とバランス型、「2極化しつつある」投資家ニーズ

印刷

   個人投資家が購入したい投資信託が、比較的リスクの大きい「新興国株式型ファンド」とリスクが相対的に低いといわれる「バランス型ファンド」に2極化しつつあることが、野村アセットマネジメントがまとめた「投資信託に対する意識調査」でわかった。

   購入の意向は投資スタンスの違いにも表れており、「新興国株式型」は短期売買向きとし、「バランス型」についてはリスクが抑制されているため、長期投資に適していると投資家はみている。

   投信を保有している投資家に、現在保有している投信のタイプとは別に、買い増し(追加)および新規購入したい他のタイプの商品を聞いたところ、新興国株式型を保有している投資家も、バランス型を保有している投資家も、多くが「新興国中心の海外株式型」を選んだ。半面、バランス型の人気も根強く、2極化しつつあることを示唆している。

   たとえば、「バランス型」を保有している投資家のうち、今後「バランス型」を追加及び新規で購入したいと答えた投資家は8.8%。次いで「新興国中心の海外株式型」を買いたい投資家が8.3%を占めた。

   また、投資信託に対するイメージは、相場調整を背景に「変動するもの」という印象が強くなったが、分散投資に役立つものとして定着している。なかでも、投信を保有している人にとっては、「投資信託といえば、長期分散、分散投資に適している」という意識が浸透している。

   なお、調査は2009年10月8~14日に、インターネットを通じて実施した。回答者数は2069人。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中