GACKT・ライブDVD 「発売3回延期」の異常事態

印刷

   ミュージシャンのGACKTさん(36)のDVDの発売が大幅に遅れ、波紋が広がっている。2009年7月に行われた公演の様子を収録したものなのだが、これまでに実に3回も発売が延期されている。GACKTさんは、その理由を「最終作業を行うスタッフのスケジュールが全く合わなかった」などと釈明。しかし、ファンクラブではDVD代金を先払いしている人が相当数にのぼっている模様で、気をもんでいるファンも少なくない様子だ。

   問題となっているのは、「GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 REQUIEM ET REMINISCENCE II FINAL~鎮魂と再生~」。09年7月12日に、さいたまスーパーアリーナで行われた公演の内容を収録したもので、全3枚組。1枚目と2枚目には、計3時間47分にわたってライブの映像が、3枚目にはドキュメント映像が収録される予定だという。

「スタッフが仕切り直すのに時間掛かってしまった」

   当初は09年11月18日の発売予定だったが、12月2日、10年1月27日と延期され、現段階での発売予定日は3月31日。3回も発売が延期されるという異常事態だが、その理由についても1回目と2回目は「諸事情により」、3回目の延期の際には「制作進行の遅れにより」としか説明されていない。

   その中でも、ファンクラブ向けの「限定版」については、代金の7000円は「前払い」。すでに数千人が支払いを済ませているものとみられる。

   このことから、GACKTさんとしても今回の事態を重くとらえている様子で、09年12月15日のブログでは、

「かなり無理して何とか締め切りに間に合わせようとしてたけれど、ちょっと、発売日を押さないと現状どう考えても完成しない。ここまで来たからには中途半端なものを届けちゃ意味がない。(略)もう、何度も発売日を延期していることに心から深く、謝ります。でも『待ってて良かった?』って必ず言ってくれる作品を届けること、心から誓います」

   と事情説明する一方、約1か月後の1月21日には、

「最終作業を進めるスタッフが年始進行で全員のスケジュールが全く合わず・・・。その作業日程がすっぽり空いてしまって。DVD用にとっていた作業日がずれてしまいました」 「まあ、誰にでも出来るような作業の内容じゃないから専門のスタッフが仕切り直すのに時間が掛かってしまった。これには、僕も正直困ったけれど、こんなときに焦って空回りしてもしょうがないし」

   などと釈明している。

定価の26%引きの5181円で予約受け付け中

   また、「最高の出来映えなのは、保証するよ」とも書いており、完成した部分を試写したところ、その出来映えに驚いて「見た後、みんな口が開いてた」のだという。

   ファンクラブ向けではない「通常版」は「アマゾン」でも予約可能で、現在は定価の26%引きの5181円で予約を受け付けている。書評欄には、発売前にもかかわらず15件もコメントが寄せられており、そのほとんどがが「5点満点」。コンサートに足を運んだとみられるファンによる期待の声があふれている。

   また、「ミクシィ」のGACKTさん関連のコミュニティーでも、目立つのは

「ゲームだって本だって発売延期なんて良くある事」
「欠陥商品が送られるよりは、ちゃんとしたのが欲しい」

   と言った声で、まだ批判は表面化していない。

   もっとも、GACKTさんをめぐっては、週刊誌などで「金欠説」が繰り返し報じられており、これがファンにとっての「不安要素」なのは間違いない。

   DVDは当初の発売予定よりも4か月以上も遅れている形で、仮に4回目の延期となった場合、一気にファンの不満に火が付く可能性もありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中