豊田社長「大量リコール問題」めぐり北京で会見

印刷

   大量リコール(無償回収・修理)問題で揺れるトヨタ自動車の豊田章男社長は2010年3月1日夜、北京市内のホテルで記者会見を開いた。リコール問題は中国でも大きく報じられており、トップが自ら会見して中国の消費者に対して説明することで、信頼回復につなげたい考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中