シー・シェパード元船長を逮捕 海上保安庁

印刷

   海上保安庁は2010年3月12日、南極海で調査捕鯨をしていた船団の監視船「第2昭南丸」に侵入したとして、ニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)を艦船侵入容疑で逮捕した。

   ベスーン容疑者は、反捕鯨団体シー・シェパードの小型高速船「アディ・ギル(AG)号」の元船長で、今年2月、第2昭南丸に無断で乗り込み、船内で「保護」されてきた。同船が12日、東京港に到着し、逮捕された。シー・シェパードのメンバーを日本の捜査機関が逮捕するのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中