橋下大阪府知事の法律事務所で居座りの包丁男を逮捕

印刷

   大阪府の橋下徹知事が代表を務める大阪市北区の「橋下綜合法律事務所」で2010年4月7日夕、ジャンパーの内ポケットにタオルで包んだ包丁(刃渡り20センチ)を隠し持っていた男が銃刀法違反(所持)の現行犯で逮捕されていたことが分かった。けが人はなかった。

   逮捕されたのは、自称高知市の自営業大久保利賢容疑者(58)。大久保容疑者が原告の貸金返還請求訴訟で、事務所の男性弁護士が被告男性の代理人だったという。大久保容疑者は帰らずにトラブルになり、110番通報がされた。大阪府警天満署の調べに対し、「裁判は終わったが、まだ30万円ほど返してもらっていない」と不満を述べているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中