有楽町ガード下に異変 「オヤジ」から「女性」

印刷

   東京・JR有楽町駅のガード下の飲み屋に異変が起きている。「オヤジ天国」だったのは昔の話で、最近は女性客の姿が目立つようになった。有楽町に限らず、居酒屋に1人で通う女性も珍しくない。

   有楽町駅を出て、ガード下を新橋方面に進むと、昔ながらの小さな飲み屋が軒を連ねる。「昭和」の雰囲気を保つ数少ない場所だ。1人3000円もあれば飲み食いでき、昔から会社帰りのお父さん達でにぎわっている。

時間帯によって半分以上が女性

有楽町ガード下の飲み屋には女性客の姿もある
有楽町ガード下の飲み屋には女性客の姿もある

   ところが、近年ちょっとした変化が進行している。ガード下で50年以上営業している「登運とん(とんとん)」。焼き鳥や串焼き、もつが売りで、年中無休で昼間も営業している。記者が平日午後5時頃に店をのぞいてみたら、狭い店内は満席で女性客の姿もあった。

「2、3人の女性グループがよく来ています。3割が女性で、時間帯によって半分以上が女性ということもありますよ」

と店長はいう。

   女性客の年齢は20~50歳代と幅広い。近くに勤めている会社員や映画館帰りに立ち寄る年配の常連客など様々だ。ちょうど店を出てきた20歳代と30歳代の会社員女性2人組に話を聞いた。

「会社を抜け出して飲んでいました(笑)。といっても徹夜明けで、上司が帰っていいと言ってくれたんで。2時に店に入って3時間くらいいましたね。昼間から飲めるし、焼き鳥も食べたかったし、使い勝手がいいんです」

   30歳代の女性はほろ酔い顔で、こう明かした。ガード下の飲み屋には何度も来たことがあるそうだ。20歳代の女性も3回目だという。

   新鮮な魚介類を低価格で味わえる「新日の基(しんひのもと)」はガード下には珍しい2層造りで、天井は低いが100席ある。イギリス人のオーナー、アンディさんは「女性1人で来る客も結構いますよ」。また、単価が安いので不景気の煽りを受けることもなく、「いつも満席」だ。

「1人のほうが気楽に飲めます」

   最近は1人で居酒屋に行く女性は珍しくない。都内IT企業に勤める30歳代の女性は1年前から週に1、2回、地元のお気に入りの居酒屋やワインバーに通っている。

「お酒が好きなので飲みたくなったら1人で行きます。友達と飲むのもいいけれど、1人のほうが気楽に飲めますからね。本を読んだり、カウンター席の場合は店員さんとおしゃべりしたりして、1時間くらい過ごします。他にも女性の1人客が結構いますよ」

   個人のブログにも、

「今日は1人居酒屋デビューをしてきました。どうしてもビールと焼き鳥が食べたくなった為 近所の居酒屋へ勇気を出して歩いて行ってきました」

という書き込みがある。

   Q&Aサイト「教えて!goo」には、「横浜市内で 女性1人で居酒屋など飲みに行ける場所教えて下さい」と3月21日に質問が投げかけられているし、SNS「ミクシィ(mixi)」には「女1人飲み」のコミュニティがあり、4月の時点で180人以上が参加している。

   「ストレス発散に1人居酒屋行ってます」「朝方まで営業してるので、夜中無性に飲みに行きたくなったときなどにいってます」「家での1人飲みより、近すぎず、遠すぎずで誰かとなんとなくの会話が出来る外がやっぱり好きです!」など書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中