JALのローマ、モスクワ便が成田到着 ニュースコメント欄に称賛の声

印刷

   アイスランドの火山噴火の影響で欧州の航空網がマヒしている問題で、じょじょに運航再開の動きが出始めている。日系の航空会社では、日本航空(JAL)が2010年4月19日にモスクワとローマで4日ぶりに運航を再開し、約540人が成田空港に到着した。これらの便は、日本と米国から欧州に飛行機を回送した上で運航されたもので、同社の在外日本人を母国に輸送しようという姿勢に、ネット上では珍しく賛辞の声が相次いでいる。

   両便は4月19日夕方(現地時間)に相次いで現地を出発し、翌4月20日に成田空港に到着した。ロンドン・パリ・フランクフルトの空港は閉鎖が続き運航再開のめどが立たない中、ローマ・モスクワの空港は運用を再開しており、JALは噴煙による空域制限を避けた上で運航が可能だと判断。モスクワ発のボーイング777-200型機は日本から、ローマ発のボーイング747-400型機はニューヨークから回送して運航した。

   噴火以来、まとまった数の日本人が帰国を果たすのは初めてで、ネット上では、珍しくJALに対する賛辞の声が目立っている。

   例えば、「荒れがち」だとされるヤフーニュースのコメント欄でも、

「今までマスコミにのせられて散々叩いていたが、こういう記事を見ると『JALがないと困るな』って心底思う。身を呈して在外日本人を助けに行く姿勢は素晴らしいと思います」
「フラッグキャリアなら当然と言われるか、来てくれたと安堵するか、人によりけりだろうけど、何はともあれ無事に帰国できて本当にホッとしたことでしょう。JALもお疲れ様でした」
「海外で何日間も足止めを食らった日本人にとって、JALの赤い翼は嬉しいのでは?経営難かもしれないけど、JAL頑張れ」

といった、珍しくJALに好意的な声が多い。

   今回の便が運航された2路線は、ライバルの全日空(ANA)は就航しておらず、JALの巨大な国際線網が役に立った形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中