「医療ミス、大麻、セクハラ」 日大1万人余の学内情報流出?

印刷

   日本大学の関係者名簿約1万4000人分や懲戒処分の内容などの学内情報が、ネット上に大量に流出していることが分かった。職員がファイル交換ソフトを利用し、パソコンがウイルス感染した可能性がある。中には、学生の実名入りでセクハラのやり取りが書かれた文書もあり、2次被害の恐れが出てきた。

   流出が発覚したのは、2010年4月25日夜らしい。2ちゃんねるには、早速スレッドが立ち、流出内容が「医療ミス、大麻もみ消し、セクハラ、政治がらみの危険文書」などだったと騒ぎになった。

女子学生の下の名を呼び、「生ビール飲みたい」

   それも、そんな内容がすべて含まれた大量のファイルだったのだ。

   J-CASTニュースが入手したファイルによると、セクハラ事案では、被害者の女子学生の実名まで含んで、その詳細なやり取りが記録されていた。

   例えば、「懲戒免職」と書かれている50歳代の男性教授は、再三にわたってメールでゼミの女子学生に付き合いを求めていた。学生の下の名を呼んで、「生ビール飲みたい」「お借りしたい」などと持ちかけ、「小生なんぞからのデート申し出は袖にされて当然でしょうが」などねたみも漏らしていた。

   ほかの女子学生にも食事を強要しようとしたり、男子学生には露骨にイヤな顔をする男性差別をしたりしていたという。

   医療ミスでは、付属病院の看護師らがミスを隠蔽していたことが報告されていた。また、大麻取締法違反の疑いで逮捕された看護師に対し、ほかの看護師が報告義務を怠ったとして、けん責処分になったことも書かれている。このほか、政党名を名乗る男が、付属高校に通う子どもの件で、日大の総長や理事長に面談を求めてきたと報告する文書もあった。

日大広報課「2次被害を懸念している」

   ファイルは、10年以上前の文書なども含んでおり、教授の論文盗用、職員の公金不正流用、付属高校の教員不祥事、付属病院の医療機器不正発注など多岐にわたる。これらの中には、すでに報道されているケースもあった。そのほか、勤務成績評価表などの人事関係の書類も多く、特定個人の詳しいプロフィールが書かれた「常勤嘱託雇用契約書」なども含まれていた。

   さらに、深刻なのは、大学関係者とみられる1万3705人分の名簿が流出したことだ。

   これだけの大量流出に、ネットも騒然としている。

   2ちゃんでは、「これ流失させたやつを切るくらいの問題で済むかねぇ」「ワードファイルの1つだけで祭りになるレベルなのに、そんなのがごろごろしてるもんな」などと驚きの声が上がっている。特に懸念されるのが、流出名簿から悪質業者の勧誘があったりする2次被害だ。

   日大の広報課では、流出については2010年4月26日朝に情報が入ったといい、「事実確認している最中ですので、現段階では何も言えません」と話す。ただ、「どこから流出したかは答えられませんが、私たちの情報だと思います。2次被害を懸念しており、早急に何らかの手を打つなどして対応したい」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中