セブンスター440円大幅値上げ たばこ消費25%以上減少?

印刷

   日本たばこ産業(JT)が2010年10月1日からたばこ1箱当たりの小売り価格を110円~140円値上げすると発表した。「セブンスター」は現行の300円から440円になる。これによって国内のたばこの消費は25%以上減少する、とJTは予想している。

   値上げを申請したのは、全105銘柄のうち103銘柄。2010月1日からタバコの小売価格は行「マイルドセブン」などの33銘柄が410円、「セブンスター」など14銘柄が440円。「ピアニッシモ」など18銘柄が440円になる。この10年で値上げは3回行っているが、今回の値上げ幅は最大になる。

JTは現状の25%以上タバコの需要が減ると試算

   JT広報によれば、政府が課した増税以上の値上げになったのは、原材料費のコスト増加と、販売数量が毎年4~5%落ちてきているため、この幅の値上げがなければ経営を維持できないと説明する。木村宏社長はかねてから少子高齢化や喫煙規制の強化などにより年々喫煙者が減少、1箱400円台になった場合、

「大幅なたばこ需要の減退が避けられない」

と話してきた。

   23日に発表した09年度のたばこ販売数量は前年度比4・9%減の2339億本で、11年連続で前年実績を下回った。ピークだった96年度の3483億本からは3割も減少。JT広報は値上げによって25%を超える減少になるのではないか、と予想している。

「いっそ1000円なら考えるけど」

   この値上げ発表に愛煙家から悲鳴が上がっている。ブログや掲示板を検索すると、「まるで喫煙をやめろと言われているようだ」「やめるいい理由が出来」といった書き込みが出ている。ではやめるのかといえば東京都の30代の男性サラリーマンは、

「値上げになってもやめる気もともとない。1000円だったら考えるけど」

   同じく50代の男性は、

「前からやめたいと思っているが、420円ではやめるためのインパクトに欠ける」

   中には、

「これでは蛇の生殺しみたいだね!いっそ1000円にしてくれたらやめれるのにねー」

といったヤケクソ気味の人もいた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中