身内からも「弾が飛んでくる」 赤松農水相「本日も反省の色なし」

印刷

   口蹄疫の拡大に歯止めがかからない中、赤松広隆農林水産相への批判が止まらない。対応の遅れについての批判も根強いのはもちろん、感染が判明した後にも予定を変えず、外遊を続けたことについても野党は攻勢を強めたい考えだ。

   それでも、赤松農水相は「全く反省・お詫びするところはない」と強気だ。そんな中、身内であるはずの民主党の幹部が「赤松農水相が外遊中にゴルフをしていた」と「誤報」をテレビ局にリークするなど、大臣周辺の混乱ぶりも明らかになりつつある。

川南町を「かわなみ」と言い間違え

   宮崎県で口蹄疫の感染が確認されたのは2010年4月20日のことだが、赤松農水相が4月30日から5月8日にかけてメキシコ・キューバ、コロンビアを歴訪したことが問題化した。例えば5月11日の衆院農林水産委員会では、責任者が国内にいなかったことについて批判を浴びた。だが、赤松農水相は

「私ひとりがいなかったからといって、いささかも支障があったとは理解していない」

と反論。さらに、感染が集中している川南(かわみなみ)町を「かわなみ」と言い間違え、質問に立っていた自民党の江藤拓議員(宮崎2区)が「せめて地名ぐらいは正確に読んでください」とあきれる一幕もあった。

   これ以降も、宮崎県民を失望させそうな発言が連続する。

   5月18日の会見では、対応の遅れが進退につながるかどうかを問われ、

「やってきたことについては、全く、そういう反省するところ、お詫びするようなところはないというふうに思っている」

と断言。翌5月19日の会見でも、記者から「何が遅れたと思うか」と問われ、

「僕、ご批判を受けることは全く構いませんけれど、例えば、じゃあ、『この時点で、20日の時点で、何々しなかったことがこういうふうになった原因じゃないか』と言われるなら、どうぞ、そう言ってくださいと。だけど、みんな具体的に何も言えないんだよね、聞くと」

などと独自の主張を展開した。

「開き直り!自己正当化以外の何者でもない」

   こんな状況に、5月20日の衆院本会議で、前出の江藤議員の怒りが爆発した。この日審議入りした農林漁業6次産業化促進法案について質問に立った江藤議員は、自民党の谷垣禎一総裁は、事前の予定をキャンセルして4月28日には現地入りしたのを引き合いに、

「大臣が初めて現場入りしたのは5月10日。現場から遠く離れた宮崎市までしか足を運ばなかった」

と批判。一連の答弁については、

「対策本部長ですよ!いささかの責任感もない!まさに開き直り!自己正当化以外の何者でもない」
「農民の苦しみを、ご自身の苦しみとして感じることができなかった。そのことが蔓延拡大の大きな原因のひとつだったと確信している」

などと声を荒げた。さらに、

「ある酪農家では、最後に、一番うまい最高のえさを与えてやり、体をブラッシングしてやって、乳房を拭いてやって、その後、一頭一頭、最後の別れを告げて、その目の前で、次々と殺処分されていったんですよ?畜産農家の目の前で倒れていったんです。その気持ちが分かりますか?そのあと私に、電話をいただきました。『大臣を、この場に連れてこい。そして一頭一頭、大臣の手で、銃で撃ち殺させろ。そうすれば、おれたちの気持ちも少しは伝わるだろう』。声を震わせておられました」

と、現地の窮状を訴えた。これに対して、赤松農水相は口蹄疫問題については約6分間にわたって答弁したものの、終始手元の紙に目を落としたままで、これまで政府が行ってきた対応と、今後の対応予定を読み上げるにとどまった。

自民党は不信任案決議案の提出も検討

   5月18日の記者会見での発言については、

「記者から辞任に関する考え方を問われたため、私は『批判があれば受け止めるが、私自身、農林水産大臣として、状況に応じ、適切な防疫措置及び、経営支援対策を講じてきた』 ということを述べたものであります」

と棒読みした。

   赤松農水相をめぐっては、自民党の小野寺五典・外交部会長(宮城6区)が5月19日に衆院外務委員会で「大臣の責任を追及する」と宣言。自民党は、赤松農水相への不信任案決議案の提出も検討している。公明党の山口那津男代表も、5月18日の党内の会議で「対応を怠り、後手に回った責めは厳しく問われなければならない」と、批判を強めている。

   このように野党側は、攻勢を強めたい考えだが、与党側も、一枚岩とはいかないようだ。

   社民党の重野安正幹事長は5月20日の会見で、

「初動対応の遅れはあったのだろう。政府にその分の責任は、当然ある」

と、赤松農水相の責任に言及した。

   さらに、TBSは5月20日朝、5月19日夜に民主党幹部が明かした話として「赤松農水相が外遊中に海外でゴルフをしていた」などと報じた。

   これに対して、赤松農水相は、

「怒りに震えているね。あり得るわけがないじゃん、そんなことは。(外遊に)行った人は職員を含めて10名ぐらいいるんだから、その人たちに聞いても分かるし」

と全面否定した。

   TBSの5月20日正午前のニュースによると、情報源であるはずの民主党の幹部も、20日朝になって「伝聞だった」などとして、具体的な根拠はなかったことを明らかにしたという。これを受けてTBSは、「発言に対する裏付け取材が不十分だった」として番組内で陳謝した。

   この民主党幹部は「この時期での外遊は問題だ」との認識を示していたといい、身内からも「弾が飛んでくる」という危うい状況にあることが浮き彫りになっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中