「辺野古移設」を仲井真知事に明言 鳩山首相

印刷

   鳩山由紀夫首相は2010年5月23日、沖縄県を訪問し、県庁で仲井真弘多知事と会談しだ。鳩山首相は米軍普天間基地の移設先について

「代替地そのものは、やはり沖縄県内。具体的には、辺野古の付近にお願いせざるを得ない。県外(移設)ということを守れないことをお詫びしたい」

と述べ、県内移設への理解を求めた。

   一方の仲井真知事は

「大変遺憾。極めて厳しいということをお伝えするしかない」

と、改めて受け入れは困難だとの見方を示した。

   鳩山首相の訪沖は5月4日に続いて2回目。

   普天間基地の移設をめぐっては、日米両政府は5月22日、辺野古沖に滑走路を建設することで大筋で合意しており、5月中に正式発表される見通し。

   また、社民党の福島瑞穂党首は、「断じて反対する」と日米合意に強く反発したが、連立離脱の可能性については言及を避けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中