小沢前幹事長が執行部批判 9月の民主党代表選意識か

印刷

   民主党の小沢一郎前幹事長は、愛媛県内で2010年6月28日に開かれた会合で、衆院選のマニフェストを修正したことについて執行部を批判した。9月の党代表選出馬をにらんで、参院選で過半数割れになったときを意識した発言とみられている。

   小沢氏は会合で、高速道路無料化、子ども手当などを衆院選で公約したとして、「政権を取ったら、金がないからできませんなんて、そんなバカなことがあるか」と声を荒げた。そのうえで、「必ず私が微力を尽くして約束通り実現する」と述べた。消費税についても、4年間は上げないと言ったとして、「国民との約束はどんなことがあっても守るべきだ」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中