モバゲーやmixiのソーシャルゲーム 前年度比7.5倍

印刷

   矢野経済研究所は2010年6月28日、ソーシャルゲーム市場に関する調査結果をウェブサイト上で公表した。ソーシャルゲームとは、mixiやGREE、モバゲータウンなどのSNS上で提供され、ユーザーがゲームを介してコミュニケーションを図れるオンラインゲームを指す。

   09年度の国内ソーシャルゲーム市場は、前年度比7.5倍の338億円と急拡大した。11年度には1171億円に達すると予測している。成長の要因としては、SNSが「基本プレイ無料」のゲームを数多く提供するようになり、ユーザーを中心にソーシャルゲームの利用が進むこと、SNSのコミュニケーションツールとして定着していくことを挙げている。

   SNSの「基本無料」ゲームは、アイテムを入手するうえで課金されるものが多い。SNS利用者の多くは携帯電話からアクセスしているため、「着うた」などの有料コンテンツに慣れており、また決済手段も整備されていることから、ゲームアイテム購入にも抵抗が少ないと見られる。このことがソーシャルゲームの早期の収益化と市場の拡大につながった模様だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中