楽天、12年度末までに「英語を公用語に」

印刷

   楽天の三木谷浩史社長は2010年6月30日、都内で会見を開いて国際戦略を発表した。海外での事業展開を、世界27か国・地域へ広げていくとし、現在は1.8兆円のグループの取扱高を、将来的には20兆円に増やす目標を明らかにした。

   また、12年度末までに社内で英語を「公用語」にする考えを示した。役員会議の資料や会話などは英語で行われているが、今後は社員6000人が英語で意思疎通できるようになるのを目指す。三木谷社長は「日本企業をやめて世界企業になる」と表現し、本社機能も海外へ移すことを示唆した。この日の会見も、三木谷社長は英語で行った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中