路線価の平均12万6000円 47都道府県で下落

印刷

   国税庁は2010年7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2010年分(1月1日現在)の路線価を公表した。

   全国約38万地点の標準宅地の平均額は、1平方メートルあたり12万6000円で前年比8.0%減となった。変動率(下げ幅)は、前年(5.5%減)より広がった。2年連続で、すべての都道府県で下落。下げ幅は東京都が前年比11.3%で最大だった。次いで大阪府と福岡県の9.4%減、愛知県の7.5%減と続く。08年のリーマン・ショック以降、全国的に土地需要の冷え込みが続いているが、東京などの大都市部は06年頃のミニバブルの影響もあって反動が大きい。

   下落幅が最も小さいのは、岐阜県と滋賀県の2.2%減。

   また、圏域別の下落幅は、東京圏が9.7%減、大阪圏8.3%減、名古屋圏は7.6%減で、地方圏は5.9%下落した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中