「中川家」剛、急性すい炎で入院

印刷

   兄弟漫才コンビ「中川家」の兄・中川剛さんが、急性すい炎で休養することが2010年7月24日、所属事務所の吉本興業から発表された。

   体調不良で20日から都内病院に入院していた。23日、精密検査の結果、急性すい炎で約1か月の入院加療が必要であるという診断を受けた。退院や仕事復帰時期は未定。医師の指導を仰ぎながら決めるとしている。

   剛さんは、「誠に勝手なからしばらくの間休養させて頂くこととなりました。 元気になって、いち早く皆様の前に戻ってこれればと思います」というコメントを発表。弟の中川礼二さんも「剛はすぐに病気を治し、元気で戻ってくると思います。それまでは僕一人でテレビ、舞台とやらせて頂きます」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中