日本相撲協会 村山理事長代行の続投決定

印刷

   日本相撲協会は2010年7月25日、名古屋市内で臨時理事会を開き、同日の名古屋場所千秋楽で職を解かれる予定だった村山弘義理事長代行(元東京高検検事長)の続投を全会一致で決めた。病気療養中の武蔵川理事長は、26日からの理事長代行として協会ナンバー2の出羽海事業部長を指名していたが、理事会がこれを拒否した形。あわせて、名古屋場所の中継を中止したNHKに対して、同場所の放映権料を辞退することも決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中