「はやぶさ」カプセルを公開 相模原市立博物館

印刷

   小惑星「イトカワ」に到達し、2010年6月、7年ぶりに地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルなど実物の一般公開が7月30日、相模原市立博物館で始まった。公開されているのは、はやぶさのパラシュートなど実物5点と模型1点で、地球帰還後に実物が一般公開されるのは初めて。同博物館での公開は7月31日まで行われ、8月には茨城県つくば市や都内での公開も予定されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中