武蔵川理事長が職務復帰 近く辞任表明か

印刷

   日本相撲協会の武蔵川理事長(62)が2010年8月5日、会見を開き約1か月ぶりに職務復帰したと発表した。また、7月末に胃がん手術を受けたことも明らかにした。野球賭博問題の責任や自身の体調不安などを理由に、近く辞任する考えを複数の協会幹部にすでに伝えている。早ければ夏巡業終了(8月11日)後にも辞任を表明する可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中