東京株式市場「年初来安値」更新 円高加速、長期金利は低下

印刷

   2010年8月12日の東京株式市場の日経平均株価は、一時、前日比200円を超す下げ幅を記録、7月6日に付けた年初来安値(9091円70銭)を更新して9065円94銭を付けた。投資家が急速な円高が続くことを懸念して、輸出関連企業や銀行株を中心に売られた。終値は前日比80円26銭安の9212円59銭だった。9000円台を割り込む可能性が出てきた。

   また、東京株式指数(TOPIX)は前日比17.67ポイント安の816.78まで下げ、最安値を更新。終値は同6.67ポイント安の827.78だった。

   東京外国為替市場は、1ドル=85円を挟んだ値動きで推移している。

   一方、債券市場では長期金利の指標となる新発国債10年物国債の利回りが一時、前日比0.025%低下(債券価格は上昇)して、0.980%まで下落した。8月11日に記録した最低水準の0.995%をさらに下回り、03年8月14日以来の低水準となった。米国の低金利政策が長引きそうなことや、円高株安で投資マネーが国債に向いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中