地デジの緊急地震速報、表示の遅れ解消

印刷

   地上デジタル放送で緊急地震速報の表示に数秒の遅れが出る問題について、解決のめどが立ったことが2010年8月20日分かった。NHKと民放キー局は23日から運用を始め、10月末までには全国で導入が予定されている。

   揺れの来る前に震源やマグニチュードから震度を予測して情報を流す気象庁の緊急地震速報は、2007年から一般運用が始まった。事実上瞬時に情報が届くアナログ放送と違って、地上デジタル放送では受信信号の処理に時間がかかり、最大数秒の表示遅れが生じる。この数秒の遅れが震災対策上致命的な結果をもたらす可能性がるため、総務省が各放送局に対応を求めていた。

   今回NHKと民放キー局は、緊急地震速報の文字スーパーとチャイム音を通常の放送とは別の信号で送信する設備を整えた。NHKによると、遅れは1.0~2.5秒改善し、視聴地域によって微妙な差があるもののアナログ放送とほぼ同時に表示されるという。

   新システムによって、表示の遅れが原因で消えた時報の復活はあるのだろうか。NHK担当者は「今のところ緊急地震速報のみを想定している」と回答した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中