元プロレスラー山本小鉄さん死去 68歳

印刷

   元プロレスラーで新日本プロレスの顧問だった山本小鉄さんが2010年8月28日、低酸素性脳症で死去した。68歳だった。新日本プロレスが29日、HPで発表した。

   山本さんは、1963年に日本プロレスに入門し、星野勘太郎さんとタッグチーム「ヤマハ・ブラザーズ」を結成。日米を舞台に活躍した。72年には新日本プロレスの旗揚げに参加。80年に引退した後は後進の育成に当たり、厳しい指導の「鬼軍曹」として名選手を排出した。テレビ解説者としても活動していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中