雑誌を「切り売り」配信 中吊り見て記事購入可能に

印刷

   電子書籍ビジネスが多様化の兆しを見せ始めた。出版物のデジタル版を1冊まるごと提供するのではなく、記事単位で販売したり、主要記事だけを配信したりするサービスが登場している。

   「読みたい記事だけ選んでダウンロードできる」となれば、読者にとっても好都合だ。ただ現時点では、雑誌発売日と同時にデジタル版が出ないケースもあるなど課題も残っている。

プレゼン資料作成に役立つ?

記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力
記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力

   データベース事業を手がけるジー・サーチは2010年9月1日、電子書籍や雑誌の販売サービス「G-Searchミッケ!」を立ち上げた。ビジネス誌や調査報告書のデジタル版を配信するが、最大の特徴は、記事ごと、章ごとに「切り売り」している点だ。

   1冊の雑誌が、特集や連載、コラムなどに切り分けられ、PDFファイルで販売されている。特別なビューワーも必要ないため、アイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)を使ってデジタル版の記事をダウンロードすれば、そのまま閲覧可能だ。

   ジー・サーチのデータベースビジネス部は、ビジネスパーソンがプレゼン資料をつくる際、「調査データの第1章だけ必要」「参考になるのはこの特集」といった場面でニーズに応えられる、と話す。移動中の電車で中吊り広告を見て、気になった記事だけを手に入れられる手軽さもウリのようだ。

   ソフトバンクが2010年6月1日に始めたコンテンツサービス「ビューン」の場合、新聞・雑誌合わせて31種類をアイフォーンやアイパッド向けに提供する。ビューン用の無料アプリケーションを使って、雑誌は主要な記事が「紙版」と同じレイアウトで読め、新聞は特別に編集された内容が配信される。西日本新聞などは、日付が変わるとすぐに配信され、朝刊の配達時間よりずっと早い。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中