雑誌を「切り売り」配信 中吊り見て記事購入可能に

印刷

   電子書籍ビジネスが多様化の兆しを見せ始めた。出版物のデジタル版を1冊まるごと提供するのではなく、記事単位で販売したり、主要記事だけを配信したりするサービスが登場している。

   「読みたい記事だけ選んでダウンロードできる」となれば、読者にとっても好都合だ。ただ現時点では、雑誌発売日と同時にデジタル版が出ないケースもあるなど課題も残っている。

プレゼン資料作成に役立つ?

記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力
記事単位で購入でき、そのまま読めるのは魅力

   データベース事業を手がけるジー・サーチは2010年9月1日、電子書籍や雑誌の販売サービス「G-Searchミッケ!」を立ち上げた。ビジネス誌や調査報告書のデジタル版を配信するが、最大の特徴は、記事ごと、章ごとに「切り売り」している点だ。

   1冊の雑誌が、特集や連載、コラムなどに切り分けられ、PDFファイルで販売されている。特別なビューワーも必要ないため、アイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)を使ってデジタル版の記事をダウンロードすれば、そのまま閲覧可能だ。

   ジー・サーチのデータベースビジネス部は、ビジネスパーソンがプレゼン資料をつくる際、「調査データの第1章だけ必要」「参考になるのはこの特集」といった場面でニーズに応えられる、と話す。移動中の電車で中吊り広告を見て、気になった記事だけを手に入れられる手軽さもウリのようだ。

   ソフトバンクが2010年6月1日に始めたコンテンツサービス「ビューン」の場合、新聞・雑誌合わせて31種類をアイフォーンやアイパッド向けに提供する。ビューン用の無料アプリケーションを使って、雑誌は主要な記事が「紙版」と同じレイアウトで読め、新聞は特別に編集された内容が配信される。西日本新聞などは、日付が変わるとすぐに配信され、朝刊の配達時間よりずっと早い。

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
003
歓迎 2010/9/ 6 23:04

自分は雑誌や週刊誌の主な購入動機として、最新の注目記事や好きなタレントのグラビアやエッセイが目的で買っている。その他の記事は基本的に飛ばし読みで残したい部分だけスキャンしスクラップして後は廃棄していたが、初めからPDF化されてれば手間いらずで且つ紙資源の有効活用にもなり大いに歓迎したい。ただいずれこの形態が主流になる日が来るかもしれないが、その出版物全体が好きで定期購読している様な人達にとっては気の毒だから紙媒体の物も残しておく必要があるだろう。

002
ばかぼんくん 2010/9/ 6 22:11

西日本新聞の電子記事配信が紙の新聞より早いという点が面白い。出版社と配信社が別々ではないからだろう。今後、新聞紙というものはほんとに無くなってしまうかもしんないですね。でもそのほうが環境にもエコだし情報の利用方法においてもより利便性と効率性が高まるでしょう。この記事読んでIPad欲しくなってきた。情報整理にはもってこいかもしれない。でもバカな質問ですがIPadの中のデータベース機能てどうなってるんでしょうか?

001
バックアップハマ 2010/9/ 6 16:09

雑誌を売っているのではない。記事の中身を売っているのだと言う心意気が窺え、歓迎したい。しかし、その延長線上にブログがあるのも確かで、その意味では、雑誌報道のあり方が改めて問われる事になった。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

「自分は何に向いているのか知りたい」という相談を受けることが多くなっています。

ウンメイ

国内最大級のハイクラス転職サイト【登録無料】

「プール、行かない?」って誘ってみよう

きれいなクロール目指して、ミニッツでイメトレ。ペアでできる練習のバリエーションを、無料で公開!

ミニッツシンキング