不況下でも「売り切れ商品」相次ぐ 「カップヌードルごはん」「ゴパン」…

印刷

   デフレ下の不況でも飛ぶように売れ、メーカーの生産が追い付かなくなるという、予想外のヒット商品が相次ぎ誕生している。日清食品が近畿で限定販売したばかりの即席カップライス「日清カップヌードルごはん」、サントリーのビール風味飲料「オールフリー」のほか、コメからパンを作る三洋電機の世界初のホームベーカリー(家庭用パン焼き機)「GOPAN(ゴパン)」、シャープの発光ダイオード(LED)電球などだ。

   いずれもニッチ商品と言えるが、共通するのは他社にないアイデアと魅力で消費者のニーズをつかんだことだ。

過剰な生産ライン減らしたのが響く

   これらのメーカーは「売れすぎで生産が追いつかない」として、商品の販売を一時休止し、発売を延期するといった対応をとっている。メーカーの多くは、バブル崩壊後の景気低迷で過剰な生産ラインを見直したため、人気商品を増産しようにも「即座に対応するのは困難」と、悲鳴を上げている。一部には「話題づくりのため、メーカーがわざと少量生産し、売り切れを演出しているのでは」との指摘も出ているが、メーカーが本当に増産できないのなら、自ら商機を失うことになる。

   日清食品の「日清カップヌードルごはん」シリーズは、2010年8月16日に近畿2府4県で先行発売。同社の定番の人気商品「カップヌードル」の味を「ごはん」で再現した即席カップライスだが、発売から4日で目標の2倍の出荷量となり、生産が追い付かなくなった。同社は「販売を一時休止する」と発表。操業時間の延長などで十分な供給体制を確立し、9月27日に再開する予定だ。当面は近畿地区で販売する。

   同社は近畿の反応を見て、2010年秋にも全国展開する予定だったが、こちらも遅れる見通しで、「年度内には全国で発売したい」としている。同社は定番のカップヌードルを超える新商品の開発が急務となっているが、皮肉にもカップヌードルの知名度、人気を新商品が証明する形となった。

米粉パンが焼ける面白さがうける

   三洋電機の「GOPAN」は当初、10月8日に発売する予定だったが、予約注文が殺到。発売初日に全国の量販店などの店頭に5000台置く予定だったが、約1万台の注文を受けたため、販売開始を11月11日に延期した。同社は中国の工場で生産するが、既にフル稼働の状態で増産は困難という。このため、発売日をずらして在庫を確保するしかなかった。小麦粉だけでなく、コメを入れると米粉パンが焼けるという手軽さと面白さが受け、7月の新商品発表以来、消費者の問い合わせが相次いでいるという。

   サントリーのビール風味飲料「オールフリー」は、アルコール、カロリー、糖質の三つをゼロに抑えた「世界初の商品」として8月3日に発売したが、当初計画の約2倍の注文が殺到し、10日に販売を休止。工場の稼働時間の延長などで対応し、9月7日に販売を再開した。

   シャープはLED電球「ELM(エルム)」6機種を8月25日に発売する予定だったが、小型タイプの4機種に注文が集中。こちらの生産を優先するため、残る一般タイプ2機種の発売を9月15日に延期した。LEDは従来品に比べて高価だが、省エネタイプの次世代電球として注目されており、パナソニックも生産が追い付かず、発売を延期するなどしている。いずれの商品もアイデアと技術しだいで、成熟市場といわれる日本でもヒット商品が生まれる可能性を示唆している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中