自民府連、府議らに離党勧告 「橋下新党」参加組に対し

印刷

   自民党大阪府連は2010年9月16日、党紀委員会を開き、同府連所属の府議ら現職39人に離党勧告を出した。すでに離党届を出していた府議1人の離党も認めた。40人の府議、大阪・堺両市議らは、自民党籍を持ちながら、橋下徹府知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の一次公認候補となった。15日の同会の全体会議で、これらの議員は、府連から勧告を受ければ自民を離党する方針を確認している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中